COTTON USA




  COTTON USA™マーク・ライセンス基準変更のお知らせ    


<COTTON USA™認定サプライヤー>(メーカー等)の場合

 新基準では、サプライヤーは、U.S.コットン・トラスト・プロトコルに加盟することにより、各社のパンフレット、ホームページ、展示会などでCOTTON USA™マークを使用したり、COTTON USA™認定サプライヤーであることをアピールできます。

【現ライセンシーの移行期間】
 現サプライヤー・ライセンシーについては、
2023年末まで現ライセンス契約を有効としますが、2024年1月1日以降は新基準が適用されますので、それまでに移行手続きを取って頂きますようお願いいたします。


<COTTON USA™アパレル・小売ライセンシー>
  (消費者向製品にCOTTON USA™マークを使用)の場合


 COTTON USA™マーク・ライセンス認定基準が次のように変更となりました。

1. アメリカ綿比率
 旧基準:製品重量比でアメリカ綿を50%超含むこと。
 新基準:製品重量比で
綿が50%以上で、綿部分がアメリカ綿100%であること。
     (他国綿を含有している場合は対象外となります。)

2. アメリカ綿使用の検証方法
 旧基準:
 新基準:
COTTON USA™認定サプライヤー発行の証明書による検証  
U.S.コットン・トラスト・プロトコルの「プロトコル消費管理ソリューション(PCMS)」による検証
この検証を受けるために、U.S.コットン・トラスト・プロトコルに加盟し、サプライチェーン各段階で確実にアメリカ綿が使用されていることをデジタル的に検証して頂きます。

3. ライセンス
 上記1および2の新基準を満たした製品には、COTTON USA™マークを添付する権利が与えられます。

【現ライセンシーの移行期間】
 現ライセンシーについては、
2023年末まで現ライセンス契約を有効とします。
また、綿が50%以上で、綿部分がアメリカ綿100%の製品であれば、旧基準の検証方法での申請を当面受け付けます。  

 なお、現在ライセンス契約を結んでいない会社については、新しい基準(上記1~3)が適用されます。